オーダーメイドの結婚指輪とは

婚約指輪や結婚指輪で悩むカップルが多いことと思います。
結婚の証である指輪をオーダーメイドにする人もいます。
ここでは、オーダーメイドの結婚指輪について話をしたいと思います。

オーダーメイドの結婚指輪は、世界に一つだけの指輪になります。
そのため、一生に一度の特別な思いのこもった指輪であり、素材にこだわったり、デザインにこだわったり、色にこだわったりするなど様々な工夫をして作成する指輪になります。
指輪を作成する人もお客さんの意向を聞きつつ、アドバイスなどを行い、指輪を作成してゆくものになります。
既製に指輪とは違い、オリジナル100%であるため、他の人からも羨ましがられることは間違いなしの指輪になります。
指輪の作製に至るまでの経過は、まずはカウンセリングを行います。
カウンセリングでは、希望のデザインや予算などを聞き、デザイナーがイメージを具体化してゆくことになります。
次は、デザインの提案になります。
リングに対する思いをくみ取りながら、デザインをデザインラフ画にして、お客様に提案をします。
その次は、精密なデザイン画で指輪のデザインや素材などの検討をしていきます。
さらに、確認が終わったら、リングの作製となります。
最後は、出来上がりとなります。
世界に2人だけしか持っていないリングの完成となります。

現在は、オーダーメイドの結婚指輪を専門に行っている会社があるほど、オーダーメイドの指輪の人気が上がってきています。
自分の気に入ったデザインや素材、大きさなどで作成できるため、「飽きが絶対にこない」点が一番の魅力となることでしょう。
また、2人の意向に合わせてデザイナーが提案をしてくれるため、2人の性格や趣向に合わせた指輪を作れることが特徴になります。